インターフェロンは、B型・c型肝炎などのウィルス性の病、肝臓の病気、またがん治療などに使われるお薬です。皮下注射で投薬をする方法で、これには大変痛みが伴うとされています。治療によっては、一日に何回もインターフェロン注射をしないといけない事もあり、治療としてはかなり大変な部類に入るのではないでしょうかまた、複数の強い副作用も確認されているそうです。例えば、発熱・だるさ・インフルエンザの時の様な症状・うつ・めまいといった症状も時々あるようです。肝臓の病気の場合、将来、肝硬変や肝がんなどに発展する可能性がある患者さんだけがインターフェロンに頼ることになるそうです。高齢の患者さんやその可能性が低い方は、他の治療法をする事が多いそうです。

関連ページ