銀行の住宅ローンは審査が厳しい?通りやすいランキングを知りたい!

一生の中でも一番大きな買い物とも言える、住宅ローンですが皆さんはどうやって決めましたか。

まだローンを組む銀行が決まっていないという方も、新しく住宅ローン審査通りやすいような銀行で借り換えしたい方も口コミを参照しましょう。

近年、注目を集めているのは新生銀行なのをご存知ですか。

何よりも金利が安いというのが人気の秘訣だと言えます。

事務手数料や保証料がいっさいかからないという点、月末までに申込みをされた方には嬉しいサービスもあります。

但し申込みをしたのにスタッフが不在だったなど不評もあります。

納得がいくまできちんと調べておくとつまらない後悔しなくていいと思います!住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。

住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利・変動金利があります。

どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方に、「おすすめですよ」「審査甘いですよ」などと言われる事はありません。

基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。

また、金利をどちらにしたら審査通りやすいか落ちるかどうかが変わってくる。

と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。

固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

マイホームの資金調達として役立つ住宅ローン、住宅ローンの申し込みは、銀行等で受け付けています。

申し込みの時には、銀行側から言われた必要資料を用意します。

なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。

ですから、住宅ローンは審査通りやすいので申し込めば必ず通る。

という期待はできません。

「通らなかった」「落ちた」...という方もたくさんいらっしゃいます。

気になるその基準ですけれども、一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が最低限の審査基準ラインと言われています。

将来、新しい家を購入して両親と同居を考えている方に今人気の住宅ローン審査通りやすい銀行等について理由も一緒に紹介したいと思います。

普通は、借入れをする方の年齢が決まっている場合が多く年を重ねるとどうしても審査に通りにくくなるものですね。

けれども、後を任せられる後継者がいれば親子リレー返済も可能で70歳以上の方でも申込みする事が出来るのです。

この仕組みは、二人で同時に返済していくのではなく親が先に返して残りを後継者が返していくためです。

この為に通常のローンよりも長く借入れ出来るのです。

一つ勉強になったと思って選択肢に入れるのも良いでしょう。

今後マイホームの購入や住宅ローンの借入れを検討している方は、次のポイントを押さえておくと良いでしょう。

これまで経験した事のない高額な買い物になる事間違いなしです。

なので金利の安さだけで選ばないほうが賢明です!合計の返済額がいくらになるかをシミュレーションしてみることをおすすめします。

いくら金利が安くても保証金や事務手数料がかかると、しまいには、返済する金額が増えていたという事もあるからです。

それから変動金利や固定金利のそれぞれの特徴も合わせて、長い目で考えてどれが一番良い選択かを見極めましょう。

住宅ローン審査に通らないとお金は借りれませんので、審査通りやすい所など探してみるのもいいですね。

実際に利用している方の評判も参考にしてみて下さい。

新築でも中古でも家を購入する際には、審査通りやすいとか金利が安いとか比較して住宅ローンを選びますけどとりわけ、つなぎ融資を利用している方も多いのをご存知ですか。

簡単にいうと、審査通ったあとローンが始まるまでの期間で不足しているお金を一時的に補う目的で借りるローンの事です。

普通は、家が建ってから住宅のためのローンが始まるので建てている間は、こういった借入れも視野に入れてもいいですね。

とは言っても、金利が比べ物にならない程高く日割り計算のため取り急ぎ、本命ローンを申請する必要があります。

信用できる銀行を探す事を最優先とし、契約内容もきちんと把握し納得のいくプランを選べるように準備しするようにしましょうね。

思い悩んでやっとマイホームを購入したと思ったらその直後、ガンだと分った時はどのように支払っていけばいいのでしょうか。

通常は、ローンを組めば自動的に団体信用生命保険に申し込むので借り手が亡くなると代償が支払われるようになっています。

契約した内容に個別でガン保険が組み込まれている保険もあれば、申請しないと申込みできないものもあるので確認しましょう。

但し種類があり癌診断を下された時点で支給されるものと、1年間の通院と入院をされた場合に振り込まれる事もあります。

どちらも月々の金額で計算すると数千円の違いなので、そうした場合に備えて銀行住宅ローンの審査が通りやすい案件だとしても準備しておく事も大切です。

引用:http://www.quattronoza.com/sinsa/

自分の家を購入したい!と考えた時住宅ローンが役立ちます。

銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますがマイホームを購入するときは不動産屋に行く方が多いと思うので不動産屋と提携している銀行・信用金庫が審査通りやすい等条件がよさそうなら申請しても良いと思います。

返済期間に関しては人それぞれになりますが最長35年まで借り入れする事が可能です。

だけども、申請者の年齢によってこの期間を選べない可能性もあります。

たいてい40歳以上の方の申し込みの場合から通りにいとか厳しいとかになってしまう事が多いようです。

住宅ローンを借りるときにはまず、まずは審査通りやすいところや金利を比較しつつローンをどこの銀行にお願いするか決めないといけません。

ネットバンク・労金・メガバンクなど住宅ローンを借りることができる金融機関は数多くあります。

各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、審査通ると手続きに入りますがネットバンクは店舗がない為、取引はすべてネットを介してになります。

わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。

店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や時間を無駄にしたくない方に人気の住宅ローンです。

住宅ローン審査が通りやすい銀行への申し込みをする際、必ず加入する保険があります。

この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。

団体信用生命保険という物は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローンはすべて無くなる。

という保険なのですね。

これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。

保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。

こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。

住宅ローンを3分の1も返してないのに離婚することになったという人も沢山います。

住宅ローン審査通りやすい銀行の審査にめでたく通って返済中の場合、払えていない分のお金を誰が払うことになるのでしょうか。

ことさら18歳未満のお子さんがいる場合、ローンはもちろん夫婦としては別れても子供を養う責任があります。

始めに契約内容を確認し、名義は誰になっているかを調べ、後で問題が起こらないよう夫婦でしっかり話し合いをしましょう。

多少なりともお金に換えるために家を売り渡す場合には、残念ながら販売価格がローンを下回る結果になると、返済を余儀なくされてしまうケースが多いです。

これから先の大切な事ですので考えたくない事なのはわかりますが、でもしっかり決めて下さいね。

住宅ローンを長年組んでいると、まとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。

その様な事があったら、是非繰り上げ返済をやってみてもいいかもしれません。

繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をする事により、ローンの元の金額を減らす事ができますので、元の借入額を減らす事が出来ます。

元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。

審査が厳しいところと通りやすいところがある場合と同様、繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。

新しく家を購入するために住宅ローンを申請したけど、審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。

貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。

健康状態や、務めてから三年以上経過しているかも関係します。

公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れるともし審査に通りやすい住宅ローン銀行での審査であっても信頼できない人と見なされ審査には通らないでしょう。

これらに思い当たるふしがないという方は、もう一度支払いがしっかり済んでいるか確認してみましょう。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

妻にせがまれてマイホームの検討を始めた際、住まいの融資に頼る人がほとんどでしょう。

多くの銀行で申し込みができるのでせっかくですから審査通りやすいところのほうがいいですし、更に評判が良い所が良いですよね。

その折に見ておきたいのがネットの口コミサイトです。

サイトには資金調達の事だけでなく働いている方の態度や店の感じまで細かい所まで観察し、自分が思った事とその良さを星の数で示している場合もあるので契約を良いものにしたい人には大変良い参考例になるかと思います。

これから新しく住まいを購入される方も、現在ローン返済中の方も気をつけたいのがたとえ住宅ローン審査通りやすかったとしても、オーバーローンにならないようにする事です。

このローンの目的は、あくまでも住居を購入するためのものなので他の目的で使用してしまうと法律違反で逮捕されてしまいます。

なので、どれ位の物件で費用はいくら必要なのか?物件を扱う仲介者ともよく相談し決めなければなりません。

たとえば契約した借入れ内容に不具合があればこのような契約を勧めた会社も営業出来なくなります。

こうしたデメリットやリスクも合わせた上で検討し、後悔しない納得のいく選択を心がけましょう。