毎月の住宅ローンの支払いと繰り上げ返済の活用

毎月の住宅ローンの支払いをしているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。

その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。

繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をすることによって、元のローン残金を減らす事が出来ますので、返済金そのものを減らす事ができます。

元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。

繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。

住宅を購入する際には頭金が必要です。

頭金が無くても購入出来る!という広告もありますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。

月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。

頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。

これから先、親との一緒に住むことになっている方に知らないと損をするかもしれない住宅ローンのご紹介です。

普通は、借入れをする方の年齢が決まっている場合が多く高齢になると申請できないといった問題があります。

けれども、後を任せられる後継者がいれば親子リレー返済も可能で高齢の方でも申請可能になり、希望も見えてくるでしょう。

なぜ可能かと言うと、申請した二人が同時に返すのではなくまず親が返済をしていき、その後に子供が返す構成だからです。

こういった条件があるので長く借入れが出来るのです。

困った時はスタッフに相談してみても良いですね。

家を買う時に誰もが頼るのが借りやすい住宅ローンではないでしょうか。

とても簡単に申請でき自宅近くの銀行などでも受付可能ですしネットバンキングでも良いでしょう。

加えて、不動産屋と協力している銀行にする方法もありますので、都合に合わせて選べます。

申し込み後の審査に合格し、支払する時が来た場合10年間ぐらい控除を受けることが可能です。

こちらは会社で行われる年末調整ではできなくて支払いを開始した年の確定申告へ自分で行く必要があります。

今では住宅ローンにもいくつか種類があるので、今注目されている商品がどのような物なのか分らず、一つの商品に絞れないでいるという方が多いようです。

そのような場合にスペシャリストであるアドバイザーに相談し、融資を受けるというやり方もありますが無料ではありません。

ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、アドバイスを受けるためだけにお金を払いたくない方が多いです。

今ではFPの資格を持っている仲介者が多く、しっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。

自分で出来る範囲で勉強しておくといいですね。

家を購入する際、資金の面で大変頼りになるのが住宅ローンです。

申請する場合は、銀行・信用金庫またインターネットバンキングでも受付ています。

とはいえ、どの銀行の場合でも融資実行可能なのかどうか、という審査があります。

重要視される点は職業・勤続年数・年収などが主になります。

加えて、関係ないと思われがちな金銭トラブルも基準の中に含まれているので万が一思い当たる人はそちらをまずきちんと整理し申請されると良いでしょう。

夢のマイホームを建てたいと考えたときに金融機関ならどこでも受付可能な、マイホーム購入時の融資が役立ちます。

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのか迷ってしまいますよね。

選び方の方法として、近場の銀行、信用金庫などでも良いですし不動産屋と提携しているところやインターネットバンキングでも受け付けることができます。

ただ、どこに申し込んだ場合でも審査が必ず必要で申込者全員が通る。

といった物ではありませんので、注意してください。

将来、借りやすい住宅ローンを組む可能性のある方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。

最初で最後の大きな買い物になるかもしれません。

ですので低金利だからといってそれだけで選ばないで下さい。

参照:http://www.sadcexpo.org/

総合でいくら返済すべきかこれを確認する事をおすすめします。

どれほど安い金利であっても他の諸費用がかかってしまうと、結果的に損してしまった...なんて方も少なくありません。

変動金利を選ぶか固定にするかによって金額が変わるので、今だけでなく今後の将来を考えて具体的に判断しましょう。

選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。

数年後に、ローンを組んで家族と住むための家を購入したい方は完済するまでに何年で申し込むのか選択する必要があります。

一般的には、35年ローンで申請される方が大半ですが現に、25年や35年かかる方は半分程度だそうです。

大体借入れをしてから10年以内を目標としている方が多いです。

思わぬ臨時収入が入った場合に、まとめて返したい時は初期費用や設定にお金がかからない所を選択しましょう。

今後引かれるお金や必要になってくる経費も合わせて検討し、無理のない返済が出来るように計画を立てましょう。

直接、スタッフに相談して決めるというのもお勧めです。

念願のマイホームを決めて、いざ住宅ローンを組もうとしたけど審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。

貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。

3年以上務めているか、健康は良好かも判断基準になっています。

過去に一回でも支払いが出来なかった方は、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いもカード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。